GoToトラベル詐欺?便乗値上げはあるのか

雑談
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大により大打撃を受ける観光業を救うために政府が考案し、2020年7月22日から開始されたGoToトラベルキャンペーン。
当初は批判が多く、利用する人なんて少ないとか、むしろ緊急事態宣言を再度実施すべきなどの声が上がっていましたが(その部分だけが取り上げられていた?)実際には大変人気で連日満室のホテルもある。

10月1日からは今までキャンペーンの対象外だった東京都も含まれることになり、より活気づいてきました。

GoToトラベルキャンペーンとは
ホテルの宿泊料金やツアーの旅行代金が35%割引、さらに代金の15%が観光地で利用できる地域共通クーポン(紙面・電子クーポン)が付与されるキャンペーン。

普段手の届かないちょっと高めのホテルに政府の補助を受けて経済を回す貢献にもなるので使ってみたいと思った人もいるはず。
そして、せっかくだからキャンペーン中に旅行に行ってみようと旅行予約サイトを覗いた際に気づいたかたもいらっしゃるかと思います。

「あれっ?前より高くない??」

色々なところから声があがっていてSNSでも目にしますが実態はどうなっているのか。

スポンサーリンク

本当に便乗値上げなのか?

便乗値上げについてSNSで声が上がっていますが何をもって便乗値上げだと判断されるのか。

通常のいわゆる基本料金が1泊素泊まりで1万円で営業しているホテルがあるとします。
それが予約時に基本料金が15,000円になり、GoToトラベルキャンペーンは上記の割引が適用されるので35%割引となるため、支払い額が9,750円、地域共通クーポンが15%で2,250円で実質7,500円で利用できます。
旅行代金の50%の部分は政府が負担するので税金の投入額がアップしますが宿泊施設側もお客さんも損はしません。
本来の料金が1万円なのに対してこの機会に15,000円にしてキャンペーンを利用するのが便乗値上げではないかと利用者が感じる点です。

しかし、このようなシンプルな例はコロナ対策により消毒作業や設備投資、人員投入による基本料金の値上げで十分に理解できる範囲なので問題ないレベルの理解できるものだと思います。
みんながGoToトラベルを利用したいと思うことにより需要が高まっているので比例する意味でも。
キャンペーン終了後に料金を戻したとしてもコロナ対策費用の大部分が初期投資費用だと思うのでそれもいいと思います。

実際にはもっと巧妙で悪質なものが多い。

例えば、謎のお土産付き(カニやその地の高級食材など)で割引適用後の価格がいつもと同じ値段のツアー。
これがとても多かったです。
正直邪魔になるので持ち帰りたくないし、結局金額だけ見るとお得感0です。

その他にも1万円の宿泊代に3万円のQUOカードが付いてくるなんて言うものまであって数あるプランの中から利用者に選んでもらい、人と同じことをしても儲からないとは言え、より多くの利益を得られるようにあの手この手で企画を練ってきていますね。

大切なのはGoToトラベルキャンペーンはきっかけにすぎず、キャンペーンが終わってまた利用してもらえるような宿泊施設が生き残るので、稼げるうちに利益だけを上げただけでは続かないですね。

ホテル・旅館の客室料金設定の仕組み

そもそもホテルの宿泊料金は予約時期により料金が変動する宿泊施設が多いです。
ハイシーズンと言われるGW時期・お盆・シルバーウイーク・年末年始になると急に値上がりするやつです。
その他にも月曜日~木曜日まで安いのに金曜日・土曜日などの需要が見込める時期や日にちを高額に設定して利益を拡大させる仕組みです。

また、時期だけでなく部屋のグレードによっても料金が異なります。
客室の広さやロケーションによって、高層階であれば高かったり、窓からの景色がオーシャンビューなのか駐車場しか見えないのかなども利用者の満足度が変わりますので料金に比例します。

ディズニー・シーにあるホテルミラコスタが顕著でトスカーナ・サイドがエントランスに面していることにより比較的料金が低めに設定されているのに対してポルト・パラディーゾ・サイドはパークに面しているため部屋からショーを見ることができて一番人気であり、比較的高めの料金設定になっています。

需要と料金設定が比例しています。

また、地域に競合となるホテルが混在している場合も料金に大きく影響されます。
サービスが似通っているにも関わらず特別高い料金であればお客さんは来ませんし、特別低く設定すると経営が成り立たないので地域の平均価格を元に各宿泊所で設定していき、足並みを揃えて上手く共存するかたちです。

値上げで儲かっているのは旅行会社だけ?

旅行代理店で申し込むのとホテルに直接申し込むのとでは代金が異なる場合があります。
新しい生活様式を適用したサービスを実施するのはホテルであって旅行会社は商品を売っているだけです。
にも拘わらずホテルに直接申し込むよりも高い料金設定をして利益を得るのが旅行会社です。

旅行会社による旅行代金の釣り上げと利益の中抜きはあるのか?

旅行会社による中抜きは当然にあります。
それが旅行会社の利益になるので旅行会社の手数料である利益が発生するようにツアーは組まれています。

旅行会社で申し込むことのメリット

旅行会社で申し込むと高いのであれば利用者はホテルに直接予約すればいいのでは?と思いますよね。
楽天トラベルやじゃらんなどの旅行会社経由で申し込むことのメリットはたくさんあります。

  • ホテルの予約だけでなく移動も込みで申し込める
  • オプションが選べる
  • 分からないことは全て旅行会社に質問できる
  • 有事のとき責任を取ってくれる
  • ポイントが貯まる
  • 全てクレジットカードで支払える

旅行会社を経由することによってパックツアーが利用でき、新幹線や飛行機移動と宿泊をセットで予約できる。
GoToトラベルでは旅行代金全体から割引が発生するので移動費も含めた金額から割引を受けられるのは遠方への旅行には影響が大きいし、車移動や県内の宿泊でない限りは絶対にお得です。

他には美術館や水族館や動物園などのチケットをオプションでつけれる場合もあるのでこちらも移動費用と同じく旅行代金として支払えれば割引の対象となるのでこう言った特典があります。
中には現地で購入すると現金のみの取り扱いもありますが旅行代金に含めてもらうことによってクレジットカード決済が可能となります。

また、不明点についてはメールや電話でまとめて聞くことができますので問題解決にも便利。

他にも万が一旅行先の感染状況やその他環境の関係で中止にせざる得ない場合(利用者に落ち度がない場合)は一括キャンセルなどもできるので安心です。

旅行会社で申し込むことのデメリット

ではデメリットについてです。

  • 車で移動する場合に恩恵が少ない
  • 旅行会社経由だと満室でもホテルのHPでは空室がある
  • ホテル独自の割引が受けられない
  • 全ての宿泊施設に対応していない
  • 良く分からない不要な特典・お土産が付いてくる
  • 自由が効かない
  • 突然コロナに感染や濃厚接触者となった場合にキャンセル料がかかる

コロナの影響で自家用車での移動が増えており、新幹線や飛行機を利用しない場合は純粋に宿泊料金のみなので直接ホテルで予約した方が安い場合がある。

ホテルも直接HPから予約する場合の特典を用意していて、その恩恵が受けられない。

行きたいホテルや旅館があっても必ずしも旅行会社と提携しているとは限らないため決まった中から選ぶかたちになり、行きたいホテルや旅館に泊まれない可能性がある。

カニや漬物など持ち帰りたくなくても勝手にお土産をセットにしていることがあって本来の価格が計算し辛く、旅行代金に上乗せされているため割高のプラントなる。

移動手段の時間が決まっていることも多く、早く出発したい場合やゆっくりしたい場合などの調整が効かない。

最後に記載したコロナ感染関連により急遽旅行を中止にする場合ですが、ホテルに直接予約をしている場合であれば前日まで無料でキャンセルできることが多く、キャンセル料の負担のリスクが少ないんです。

まとめ

値上がりをしている場合もあるが便乗値上げかどうかは利用者自身で判断が必要。
コロナ対策により、人員増や消毒液の設置、3密を避けるためにソーシャルディスタンスを守るために工夫や負担が発生しています。
それらにかかる費用は商品に上乗せすることに問題はないと感じられるか。

ホテル側と各旅行サイト何社かで料金の比較をしてみる。

高いと感じれば利用しなければいいんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました