【呪術廻戦】呪術界御三家<禪院・五条・加茂>の人たち

呪術廻戦
スポンサーリンク

御三家とは呪術界において、長い歴史と権力を持つ3つの名門の家柄で禪院家、五条家、加茂家のことを指します。

御三家では代々血筋によって伝わる「相伝の術式」を受け継ぐことができる。

また、御三家に伝わると言われる領域対策の技、秘伝「落花の情(らっかのじょう)」などもあり、呪術界で存在感を放つ。

そして、術式を受け継いでいて才能があるものは正室の子でなくても厚遇され、術式を受け継げなかったり才能がなければ冷遇されて非常に悪い扱いを受ける。

呪術界で一目置かれる名門だからこそ、それを維持するためにも呪術第一主義を貫くんです。

スポンサーリンク

御三家の人たちの人間関係

引用:アニメ呪術廻戦

家同士の関係は非常に悪いが個人では親しい者たちもいる。

禪院家(禪院直毘人・直哉親子)は五条家が嫌いだが、宗家から離れている血筋の伏黒恵は五条悟を恩人としていて、呪術を教わることもあるなど個人の関係まで影響があるわけではない。

※禪院家と五条家は江戸時代に御前試合をした際に両家の当主が死んだ影響もあって仲が悪い。

スポンサーリンク

禪院家と五条家の当主による御前試合

江戸時代に両当主が本気でやり合って相討ちになった過去がある。

禪院家当主は十種影法術、五条家当主は六眼と無下限呪術の併せ持ちです。

五条悟も六眼と無下限呪術の併せ持ちですがこの抱き合わせはうん百年振りだそうなので恐らくこの御前試合の時の当主以来なんじゃないでしょうか。

五条悟の最強っぷりを見ているとこの併せ持ちにも関わらず禪院家当主を圧倒するのではなく相討ちになった原因が気になるところですよね。

それは禪院家当主が式神最強の魔虚羅(まこら)を降臨させ、使用者主自身も含めて道連れにするかたちで相討ちに至ったようです。

いまだ魔虚羅を調伏した者はいませんが伏黒恵が従えることに成功すれば一気に呪術界トップに躍り出る可能性があるだけに流石は御三家の相伝の呪術ですね。

禪院家が欲しがるのも分かります。

ただし、同じ六眼と無下限呪術の併せ持ちとは言え、当時の当主より五条悟の方が強いはずなので伏黒恵が五条悟より強くなることはないと思います。

それにしても、御前試合で呪術界のトップの力を持った御三家の当主を同時に二人も失うと言うのは損失が大きいのと加茂家の一人勝ち感がします(陰謀?)。

禪院家

引用:アニメ呪術廻戦

禪院家は格式を重んじる家柄であり、「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人に非ず」と言われるほど。

平家の言葉(平時忠)を彷彿させますね「平家にあらずんば人にあらず」。

術式至上主義故に相伝どころか甚爾のように術式も受け継いでおらず、使うことができないものは落ちこぼれ扱いとなる上、酷い男尊女卑により女性であれば更に不利。

宗家の女性陣は相伝の術式を持たない上、センスがない妹と姉は呪力が弱く、呪具に頼るので性別だけの問題ではないですが。

禪院家の人間関係

禪院家26代目当主である禪院直毘人(特別1級)とその息子直哉(特別1級)。

この親子は同じ術式である「投射呪法(とうしゃじゅほう)」と言う禪院家相伝の術式使い。

当主の禪院直毘人の弟の娘である禪院真希(4級)・真依(3級)姉妹までが宗家の扱い。

禪院直毘人の兄の二人の息子が禪院甚壱(特別1級)・甚爾が分家扱い。

生まれつき呪力がなく、術式が使えない甚爾は禪院家での扱いが非常に悪く、恵の母に婿入りすることで「伏黒」の姓を名乗っている。

その息子である伏黒恵で禪院家相伝である「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」を受け継いでいる。

名前のとおり、才能に恵まれました。

<冷遇組>
甚爾・真希・真依
生まれつき呪力を持たなかったり、呪力が弱かったり、女だと言うことで酷い冷遇を受ける。

反対に禪院家からも出ている分家の血筋の恵が相伝持ちと言うことで本家から欲されるほどの術式至上主義。

スポンサーリンク

禪院家相伝の術式「十種影法術」

現在では伏黒恵のみが使える禪院家相伝の術式の一つである十種影法術

十種影法術とは…
自分の影で影絵を作り、十種の式神を呼び出す術式。
最初は2匹の玉犬が与えられ、それ以外の式神を使うには術師と玉犬で調伏を済ませなければならない。
式神は「満象」を除いて(呪力の消費が激しいため)、一度に二種類顕現されることができ、拡張術式によって二つの式神を合体させることも可能となる。
式神は完全に破壊されると二度と顕現できなくなるが、その式神の遺した術式と力は他の式神に引き継がれる。
八握剣異戒神将魔虚羅という最強の式神の「奥の手」がある。

魔虚羅とは
「あらゆる事象への適応」
魔虚羅が攻撃を受けると背中の方陣が回転し、その瞬間にダメージが全回復する。
魔虚羅の剣は反転術式を同じ正の呪力が込められた対呪霊特化の退魔の剣となっている。
呪霊であれば一撃で消し飛ばす破壊力と高い身体能力。
しかも、倒すための対処方が初見の攻撃で回復される前に倒すと言うシンプルだけど限りなく不可能に近い。

魔虚羅を伏黒が調伏した場合、呪術界トップの実力者になるのではないかと言うことからも禪院家の相伝の中でも「十種影法術」は優位の術式だと予想できます。

禪院家相伝の術式「投射呪法」

禪院家26代目当である禪院直毘人と息子の直哉が受け継いでいる術式。

1秒間を24コマに分割し、自らの視界を画角として予め作った動きをトレースする術。
作った動きは途中で修正できず、過度に物理法則や軌道を無視した動きは自らも1秒間フリーズしてしまう。
また触れた者も強制的に能力の対象となり、1/24秒で動きを作れなかった場合は強制的に1秒間フリーズしてしまう。

直毘人は天性のコマ打ちセンスを有しており、更に最速の呪術師(五条悟を除く)とは流石は禪院家当主ですね。

そして、その息子の直哉の「もうちょうい速うしてみるか」と言うセリフ。

直哉がフレームレートを上げることができるのか。

スポンサーリンク

五条家

引用:アニメ呪術廻戦

五条悟のワンマンチーム。

何でこんなに五条悟が呪術界に影響力があるのか。

イケメンだからではありません、最強だからです。

五条悟は4人しかいない『特級呪術師』の一人。

呪術師にも呪霊と同じく階級があり、基本的に呪霊と同じ等級の呪術師が派遣されます。
※ただし、禪院真希のように本来の実力と階級が異なる者もいる。

階級は特級、1級~4級に分けられる

階級呪霊呪術師
特級最上位の階級
クラスター弾で絨毯爆撃と同等
登録だけで16体、真人は未登録
五条 悟(作中最強)
乙骨 憂太、九十九 由基、夏油 傑
1級
(準1級)
「戦車でも心細い」
1級呪術師・準1級呪術師が祓える
特別1級
禪院 直毘人禪院 直哉
1級
東堂 葵、冥冥、七海 建人、夜蛾 正道、日下部 篤也、
準1級
加茂 憲紀、与 幸吉、狗巻 棘、庵 歌姫
2級
(準2級)
散弾銃でギリギリ倒せそう
2級呪術師・準2級呪術師が祓える
2級
虎杖 悠仁、伏黒 恵、西宮 桃、猪野 琢真、灰原 雄、
準2級
パンダ
3級拳銃があれば心強い
3級呪術師が祓える
釘崎 野薔薇、禪院 真依、三輪 霞
4級最下級
木製バットで倒せる
禪院 真希
スポンサーリンク

このように御三家の中でも唯一の特級呪術師です。

そして、五条家と言えば先祖が菅原道真ある。

同じ先祖を持つと言うことで同じ特級呪術師の乙骨憂太とは遠い親戚にあたる

他の禪院家と加茂家の先祖も大物に繋がっているかも知れませんし、今後明かされる可能性もありますね(平家と賀茂家)。

五条家相伝の術式「無下限呪術」

無下限呪術とは
五条の回りには術式により現実化させた「無限」があり、打撃や呪力による攻撃など五条に近づくほど無限に遅くなる
そして、五条との距離は決して0にならずに見えない透明の壁に遮られているかのように届かない術。

使いこなすには緻密なコントロールと計算が必要。

無下限呪術を常時発動しようとすると脳が負荷に耐え切れずに焼き切れてるところを反転術式を同時に発動することで脳を絶えず修復できるので五条悟は術式の常時発動が可能

無下限呪術を可能にする五条家の得意体質「六眼」

六眼とは
五条の生まれつき持った目の能力で、相手の術式を瞬時に見破り呪力の情報を見破る探知能力が備わっている。
しかし、負荷が高いため普段は目隠し(学生時代はサングラスなども使用)で能力を保護。

伏黒甚爾曰く、「うん百年ぶりの無下限呪術六眼の抱き合わせ」

領域展開「無量空処」

領域内に引き込んだ相手に無限回の知覚と伝達を強制する

「知覚と伝達」が無限に終わらないので相手は思考を行動に移せず何もできなくなる。

領域に引き入れた時点で勝ちであり、領域内に引き込まれたものは与えられる情報に脳が耐え切れず焼き切れてしまい廃人と化す。

スポンサーリンク

加茂家

引用:アニメ呪術廻戦

呪術高専京都校三年の加茂憲紀(かものりとし)が次期当主。

側室の子であるが正妻に術式を受け継ぐ男児が生まれなかったため嫡男となり、本家に迎え入れられるようになった。

しかし、母親は本家の人間からイジメられて家を追われると言うのが御三家の一つの加茂家。

その立場から同じ御三家の相伝を受け継いでいる伏黒恵に仲間意識を持っているが当主の実子と分家であり、更に禪院家から籍を抜いている伏黒では恵の言うように違うはず。

そして、加茂家には加茂憲倫(のりとし)言う明治の頃に実在した「史上最悪の呪術師」と呼ばれるものを輩出している

御三家の汚点とも言われ、憲紀と名前の読みが同じ

加茂家相伝の術式「赤血操術」

加茂家の相伝は赤血操術 (せっけつそうじゅつ)と言う、自身の血液と血が付いたものを自在に操る術である。

何せ自身の血液を使用するので貧血は免れられない上、失血により死の危険性が伴うがそこは血液パックも対応可。

しかし、いずれにしても長期戦には向かないですね。

御三家の相伝の中でもやや地味ではあるが遠近と全範囲に対応できる汎用性に優れた呪術と言えます。

そしてこの術式は史上最悪の呪術師である加茂憲倫によって生み出された脹相(ちょうそう)も操ることができる。

しかも、作中で使用している憲紀よりも威力や手数なのど脹相の方が優れているがこれは呪霊と人間のハーフによるもの。

御三家の相伝持ちの人間がこの扱いで終わるとは思えないので今後憲紀には重要な役割が出てくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました