【呪術廻戦】149話「葦を啣むー弍ー」禪院真希の覚醒

呪術廻戦
スポンサーリンク

この記事では呪術廻戦本誌の第149話のネタバレと最新情報について紹介します。
閲覧にはご注意ください。

前回の148話「葦を啣む」の続きとなり、衝撃的な展開でした。

それでは前回のまとめから最新の149話の流れでご紹介していきます。

スポンサーリンク

前回の148話のまとめ

禪院家で真希が直哉と再会。

真希は呪具を取りに禪院家に戻っていました。

全身を大やけどによって負傷した真希の容姿を蔑む言葉をかけ、真希が家を出る前の関係性は続いているのが分かるシーン。

ちょっと謎なのが、直哉は真希に「カス」と何度も呼びかけていたが特に何の展開もない上に、何気にこれからのことを訪ねていた。

もしかして、脹相にやられた怪我の治療を乙骨に反転術式で治してもらった際に乙骨から真希のことを託されたとか?

真希は直哉を無視して禪院家当主になった恵から預かった鍵を持って忌庫へ向かう。

禪院姉妹の出生の秘密

真希と真依が双子の姉妹なのは周知の事実ですが、双子の中でも珍しい「一絨毛膜一羊膜(MM)」であることが分かりました。

一卵性双生児の中でも二人で一つの胎盤と絨毛膜を共有し、二人の間には羊膜のあるMD
ツイン
が40%であるのに対し、MMツインは二人で一つの胎盤と絨毛膜、羊膜を共有し、二人の間に膜がない状態でなんと確率1%。

非常に母子共に危険な状態で生まれてきたと言うことです。

二人の繋がりの深さにも影響しているかのよう。

命がけで産んでくれたはずの母親からは「一度くらい産んで良かったと思わせてよ」と厳しい言葉を浴びせられました。

スポンサーリンク

真希・真依の父「禪院扇」とは

禪院扇は姉妹の実父です。

禪院家当主だった直毘人の弟で当主にはなれませんでした。

その件について扇自ら語っています。

【禪院扇が禪院家の当主になれなかった理由】※扇の言い訳※
『子供のお前たちが出来損ないだからだ』
直哉と真希・真依姉妹を比較して自分の子供が出来損ないから当主になれなかったと語った。

芥見先生曰く、直毘人が当主になった理由は単純に強いからと言うことですので子供たちの実力は関係ないことが分かっています。

直毘人は禪院家の相伝の術式である「投射呪法」を継いでおり、描写的にも強さは明らか。

扇曰く、直毘人が当主に決まった時はまだ投射呪法自体が相伝として歴史が浅かったとのこと。

対する扇の術式は娘の真依と同じく「構築術式」

無から物体を作る術式であり、呪力の消費が激しく真依は一日に弾丸一発を作るのが精一杯。

特別強い術式ではないでしょう。

ちなみに直毘人と同じく扇も特別1級

階級では1級の次が特級になるので同じ1級でもピンキリのよう。

父の扇は娘たちが呪力を持っていたら、娘ではなく男だったら、自分が当主になれたのに子供に足を引っ張られたと言いたかったようです。

今までクズだと思っていた直哉でさえ、気持ちのいいクズでマシに感じるほどの最低な父親の登場でした。

扇と真希の戦い

忌庫の中で待ち受けていたのは父の扇。

扇の背後には血を流し倒れている真依の姿がある。

まだ意識はあり、「なんで来たのよ。馬鹿」と言う。

自分こそ、忌庫には呪具があるんだから真希のために危険を承知で来たんじゃないの?と思わずにはいられない。

しかも、あらかじめこの行動を見越して中身は移動させた後と言う扇の用意周到さ。

構築術式の父・扇と組屋鞣造の傑作「竜骨」を手にした真希の対決へ。

組屋鞣造の傑作「竜骨」とは、
刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせ峰から噴出する呪具。

今のところ特級呪具ではなさそうですが強力な呪具であるのは間違いない。

右目と脇腹を負傷する真希が膝をついて148話が終了。

スポンサーリンク

149話「葦を啣むー弍ー」

血まみれの真希と真依が扇に引きずられて移動させられる。

奥にある2級以下の呪霊が無数にいる部屋に瀕死の二人を「さらば我が人生の汚点」と扇が言い放ち、放り込む。

意識のある真依は真希がまだ生きているか確認して、

「流石にしぶといわね」

「いつかこうなるんじゃないかって思ってた」

と言って真依から真希に口づけ。

真希が目を覚ますと浜辺におり、真依の姿がある。

この浜辺の空間は真依による構築術式で作った空間。

「これ作ったら私死ぬから」

そして、海の中に足を進めていく真依が「あとは一人で頑張りなさい」と言う。

何かを得るには(フィジカルギフテッド)何かを差し出す必要がある。

一卵性双生児の術師は二人で一人、呪術でが同一人物としてみなされるので真依がいると真希は一生半端もの。

だから、禪院姉妹は真依が術式を持ち、真希が呪力が弱く、術式を持たないことに繋がる。

これだけは置いていくわ、他は捨てなさいと言って真希に何かを渡す。

「呪力も何もかも私が持って行ってあげるから・・・ひとつだけ約束して」

引用:呪術廻戦149話

子供の頃の姉妹が

「全部壊して」「全部だからね!お姉ちゃん!」

そして目が覚めた真希が元いた場所に真依と横たわっている。

手には真依に握らされた穂が刀になって真希の手の中に。

真依に起きてと語りかけるが起きない。

真依の死によって覚醒した真希の気配に恐怖を覚える扇。

扇には甚爾と真希の姿が重なっていた。

引用:呪術廻戦149話

覚醒した真希は一瞬にして扇の頭部を切り落としました。

構築術式で作られたこの刀の呪具としてのレベルが気になるところ。


[ad]

149話の感想

凄く悲しい話でした。

呪霊と戦って呪術師として死ぬならまだしも実の父親に切りつけられ、我が人生の汚点と呪霊の群れにボロボロの状態で放り込まれるなんて。

そもそも真依が忌庫にいたのって真希のために呪具を取りに行ったとしか思えない。

真希がいつも真依のことを考えているように真依も真希のこといつも思ってるんだな。

真希の覚醒には何かを失う必要があるのは分かっていたけど一番失って欲しくないものを失うかたちになりました。

しかも、放り込まれた時点ではまだ真依は動ける状態だったにも関わらず死ぬのを覚悟して構築術式で空間を作って自分を犠牲に姉を強くし、生かす。

1日に弾丸1発作るのが限界なのにあんな壮大な空間作ったらそりゃ命と引き換えになるよね。

真依が死んだことで覚醒した真希を見ると真依って真希の枷だったの?とその存在に悲しさを感じます。

呪術師としても強くはない上に双子の姉の枷として死んで貢献するしかないなんて。

弱いからこそ助けられるばかりではなく、一番の絶体絶命の瞬間に自分を犠牲にして真希を助けたのは救いなのかな。

真希は真依の居場所を作りたいから強くなりたかったんじゃないの?

MMツインでお腹にいるときから同じ部屋にいる双子の悲しい別れ。

空間に移動するときの口づけはキスではなくて生まれる前にお腹の中にいたときに同じ胎盤を共有してへその緒が捻れていたので栄養の共有と言うことでリンクさせたんじゃないでしょうか。

または、真希の僅かな呪力を吸い出したか。

真希は真依との約束で禪院家をぶっ壊すのが最終目標だとすると真希の最後ってどうなるんだろうと思いました。

直哉については言葉選びがクズなだけでただの小物で可愛いもんじゃないかと思わせるほど姉妹の両親がクズすぎた。

直哉なんて今になって思えば実は姉妹が美人だから自分が当主になったら落ちこぼれやしどっちか嫁にもらってやるくらい思ってたんじゃと思わせるほどマシなキャラクター。

直毘人も実は凄くまともで術師としても一流で当主の器だったんだなと考えさせられました。

何気に投射呪法が歴史の浅い相伝と言うことも分かりました。

そして、甚爾は死してなお、存在感を表す人物ですね。

個人的には覚醒後の真希でもさすがに甚爾は超えないでほしいなと思いました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました