ANAが半年ぶりにハワイ・ホノルル線再開

海外
スポンサーリンク

全日本空輸(ANA)が10/5(月)夜に成田-ホノルル線の運航を半年ぶりに再開しました。
月曜日だし乗る人いるの?と思うかも知れませんが利用者はコロナで日本に一時帰国していたハワイ在住者がほとんどで27人の利用だったそう。
6日のホノルル発は60人以上と言うことでこちらの方が多いです。
ANAは年収3割カットや社員の副業推奨など経営が厳しそうな記事が目につきますので人気路線で少しでも収入を得たいところ。
飛行機は使っていなくてもいつ再開しても安全に飛行できるようにメンテナンスには手を抜けないので維持費だけが重なっていくので経営が苦しいのもよく分かります。

この先の予約状況では19日のホノルル行きは30人程度で超大型エアバスA380型機(2階建て)はまだ暫くの間は出番がない様子。

以下、主な航空会社のハワイ便の状況と予定。

ANA
11月からは羽田も2往復を計画
JAL
現在臨時便のみ。11月末まで運休を延長
ハワイアン航空
10/1からホノルル-成田を週1で往復
デルタ
10/25から週4便の臨時便の運航
ユナイテッド航空
11月末まで運休
大韓航空
11月末まで運休

前回の記事でもお伝えのとおり、10/15からPCR検査の陰性証明が渡航72時間以内であれば14日間の自主隔離免除になるので10/15以降に渡航する人が増えるかも知れません。

ちなみにハワイは12/13(日)にホノルルマラソン2020を予定している。
今のところ時間差でのスタートやコース変更などを検討して開催する方針のようですが中止になってもエントリー料は返金されないとの案内のようです。
(料金はフルマラソンで28,000円、10Kラン&ウォークで9,000円)

既にフルマラソンだけでも1万人近い参加エントリーとなっいてどんな対策をとっても密になることが予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました